MENU
▼▼限定特典あります▼▼

ソフトバンク光のメディアサービスって?聞き慣れない名前だけど・・・?

ソフトバンク光の代理店のメディアサービスとは?」

「どんな会社?」

こんな考えの方は、この記事を見てくださいね。

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ソフトバンク光のメディアサービスを調べてまとめました。

まず、メディアサービスのソフトバンク光の概要は以下の通りです。

🐹メディアサービスのソフトバンク光の評価🐹

ソフトバンク光の代理店メディアサービス
メディアサービスのレーダーチャート評価
キャッシュバック
金額
新規:50,000円
転用/事業者変更:なし
振込時期開通から12カ月後
受取方法銀行振込
オプション条件・指定オプション
・指定Wi-Fi
・即日申込
  • 総合評価:2.4点/5.0点
  • キャッシュバックが50,000円と多いが・・・
  • 指定Wi-Fiは「ギガWi-Fi(モバイルWi-Fi)」の事
  • 指定オプションは3種類あり
※当サイトのPR表記、運営ポリシー、運営者

監修者:森口 雄一朗

インターネット業界に5年以上携わる「中堅エンジニア」で、Wi-Fiの知識はとても豊富に持つ。「アイグッドサポート株式会社」の代表取締役社長としても広告の企画・制作・運営を実施しし、自らも記事を執筆。積極的に情報収集と発信をしており、「世界一分かりやすいサイト制作」がモットー。

※当サイトのコンテンツには広告を含む場合がありますが、「当サイトの運営ポリシー」にもとづき利用者の目線でサイト作成しています。メーカーまたは第3者の依頼で広告を掲載することもありますが、内容には一切関与せず、「景品表示法(通称ステマ規制)」の法令を遵守した上で制作されています。コンテンツに誤りがありましたら「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。なお、表記価格は「総額表示義務」にもとづき全て税込表記です。(サイト制作運営責任者:アイグッドサポート株式会社)

それでは解説していきます。

目次

【まず結論】ソフトバンク光のメディアサービス

それでは、内容に入る前に結論です。

調べたところ、ソフトバンク光のメディアサービスには2つの選べる限定サービスがありました。

1つ目が条件付きで50,000円もらえるもの、2つ目はお引越しで50,000円もらえるものです。

しかし、両者ともに50,000円をもらう条件が多く、お得ではありませんでした。

どちらも、「指定Wi-Fi+指定オプション+即日申込」が必要になるからです。

つまり、ソフトバンク光以外に出費がかかる事になり、トータルで損します。

改めてご紹介した内容を以下にまとめました。

【ソフトバンク光×メディアサービスの内容】

  • 1つ目:50,000円キャッシュバック
    ⇒当社指定Wi-Fi+当社指定オプション+即日申込完了
  • 2つ目:お引越しキャンペーン(75,000円キャッシュバック)
    ⇒当社指定Wi-Fi+当社指定オプション+即日申込完了

※1つ目と2つ目は名称はちがいますが、内容は同じ。

この通り、金額の50,000円はうれしいですが、追加条件がとても多いです。

つまり、メディアサービスにはメリットはありませんでした。

以上が、ソフトバンク光とメディアサービスを調べた結果です。

もり

なお、私はサイト作成にあたり20社以上の窓口を調べました。

ソフトバンク光は冒頭でご紹介した特設ページがベストです。

ここからは、具体的に調べた結果をご紹介します。

ソフトバンク光のメディアサービスを詳しく分析!

初めにご紹介しましたが、メディアサービスには2つの限定サービスがあります。

それぞれの内容や注意点を調べました。

1つ目の内容

メディアサービスの1つ目

メディアサービスの1つ目のサービスは、50,000円がもらえる内容です。

しかし、こちらのキャッシュバックは条件や注意点があります。

3つご紹介します。

当社指定Wi-Fi+当社指定オプション

50,000円には、メディアサービスの当社指定Wi-Fi+当社指定オプションの同時加入が必要です。

つまり、ソフトバンク光以外に費用がかかります。

【メディアサービスの50,000円の条件】

ソフトバンク光 新規+当社指定Wi-Fi+当社指定オプション+即日申込完了⇒50,000円

※引用元:ソフトバンク光×メディアサービス

受け取りは12カ月後で再申請の必要あり

さらに、50,000円の受け取りは12カ月後で、そのためには再申請の必要があります。

こちらも、対象者・注意事項を調べました。

【対象者・注意事項】

  • キャッシュバックは開通の12カ月後にお振込み致します。
  • 弊社管理部にて開通と決済確認完了の12カ月後にキャッシュバック申請フォームが届きます。
  • キャッシュバック申請フォーム登録後、弊社指定日でのお振込みとなります。
※引用元:ソフトバンク光×メディアサービス

24カ月間の継続利用が必要

3つ目の気になる条件は、24カ月の利用です。

こちらも、条件に書かれています。

【対象者・注意事項】

■本キャンペーンは適用条件として利用開始月(初回接続月)を1ヵ月目とし、24ヵ月間のご利用をお約束頂ける方。

※引用元:ソフトバンク光×メディアサービス

つまり、契約⇒即解約では50,000円がもらえません。

Wi-Fiルーターなどはもちろん月額料がかかるので、結局24カ月使うと損になりますね。

以上が、50,000円の確認結果です。

2つ目の内容

メディアサービスの2つ目

メディアサービスには、もう一つお引越し時に50,000円がもらえる限定サービスがあります。

しかしこちらも、1つ目と内容は全く同じです。

50,000円と同様の条件あり

こちらにも50,000円クと、同様の条件がありました。

つまり、メディアサービスの指定データカードとオプションの申し込みです。

【条件は50,000円と同じ】

ソフトバンク光 新規+当社指定データカード+当社指定オプション+即日申込完了⇒75,000円

※引用元:お引越しキャンペーン

つまり、追加条件により費用がかかるので、お得ではありません。

もり

ソフトバンク光のメディアサービスの限定サービスは微妙でした。

株式会社メディアサービスとは?会社を調べた結果

株式会社メディアサービスの会社について調べてみました。

会社概要を調べてみた

まず、会社概要がこちらです。

名称ソフトバンク光 新規受付センター
運営会社株式会社メディアサービス
代表者持山 宗治
所在地171-0013
東京都豊島区東池袋1-25-8
タカセビル本館3F
電話番号0120-540-578
営業時間9:00~19:00
※WEBでの受付は24時間年中無休
業務内容ネットワーク商品の取次
プロバイダ等のお申し込み取次
代理店届出番号C1901394
サイトhttps://mediaservice.co.jp/

メイン事業はブロードバンド業務で、NTTネットワーク商品、プロバイダ等の取り次ぎをやっています。

また、オフィスネットワークの環境構築もやっているみたいです。

Webサイトの制作や市場分析などもやっているみたいですね。

気になる方は、コーポレートサイトをのぞいてみてください。

そこそこ大きな会社なので、キャッシュバックの未払いや突然の事業撤退などはなさそうです。

メディアサービス利用者の声は?

1件見つかりましたのでご紹介します。

あまり、オペレーターの態度が良くなかったようですが、この1件のみなのでなんとも言えません。

匿名さん
2020/03/27 10:33:40

インターネットの見積もりだしたら電気だけ態度わるすぎ。いきなりあのどこどこのアパートですよねって、おい前置きちゃんとしろよ

※引用元:jpnumber

メディアサービスの会社の建物

建物は、以下です。

こちらのビルの3階に、メディアサービスは所在します。

以上が、メディアサービスの会社の解説です。

もり

メディアサービスはブロードバンド事業がメインの業務です。

利用者の声は少ないので、追加があれば当記事もアップデートします。

【全5社】メディアサービスと他社比較してみました!

メディアサービスって実際どうなんでしょうか?

主要な代理店4社と他社比較してみました。

結果、メディアサービスよりもお得な代理店が見つかりました。

なお、全社の比較は「ソフトバンク光の代理店のおすすめランキング」でもまとめています。

【メディアサービスと他社比較】

スクロールできます
特徴指定サービス+指定オプションに要注意!新規キャッシュバック最高額U-NEXT-6カ月無料ありルーターがもらえる転用/事業者変更がお得
代理店メディアサービスエヌズカンパニーSTORY
(ストーリー)
GMOとくとくBBYahoo!BB
公式サイト
キャッシュバック
(新規契約)
50,000円45,000円40,000円36,000円25,000円
キャッシュバック
(転用/事業者変更)
なし15,000円19,000円15,000円25,000円
追加特典なしなしU-NEXTが6カ月無料+ルーターなし
追加条件ありなしなしなしなし
受取時期12カ月後1カ月後2カ月後2カ月後5カ月後

※条件なしの場合

もり

ソフトバンク光の一番お得な窓口は以下のリンクからです。

\最大7.0万円が節約できる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2005年からエンジニアとして13年間、家電メーカーに勤務しました。
2018年からは個人事業主として独立し、光回線のサイトを立ち上げて運営しています。

目次